幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

たして5、かけて6☆因数分解の基礎☆5歳

主人のお父さんは算数がとても得意です。そろばんも大会に出たりしていた感じ。
そんなお父さんは、子供たち(主人の兄弟4人)にお風呂とかで、
「たして5、かけて6は何?」のような問題を出していたそうです。

今回、主人の実家でそんな話になった時に通りかかったりっくん。(かなり広いお家なので、子供たちは自由に部屋や廊下、庭を遊びまわっています。)

ママ「ねーねー、りっくん、問題だよ!2つの数があります。たして5になって、」

りっくん「あ、分かった!1と4、2と3。。。」

ママ「まだ、問題の途中だから、最後まで聞いて~」

「たして5で、かけたら6になる二つの数字は?」

りっくん「うーん。。。あ、分かった!2と3でしょ!」

一同、拍手~♪

弟くんが、りっくんは掛け算も分かってるの?とビックリしていました。
掛け算は、九九はまだ分からなくて(教えていなくて)、論理だけしか分かっていないりっくんです。

2かける4は、2が4つあることだとは分かっています。なので、計算は、2+2+2+2をして答えています。
1×12や0×1000とかはお得意。

兄弟たちは、九九を習った後にやっていた問題らしいですが、中学校で因数分解を習ったときに、なんて簡単だろう!と思ったみたいです。

まずは、6になる2つの数をすべてあげる、なんて練習をやってみたらよいと思います。りっくんは、Z会の1年生でたくさんやっています。

072.gif りっくん 5歳6カ月 072.gif こうくん 2歳0か月 072.gif


関連する過去記事
算数の学びのタグをクリックして来てみてください。2歳くらいからの記録がたくさん出てきます☆

商品情報
キミにはキミの学習法/Z会小学生コース

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、右下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/13310133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotetsumaman at 2011-08-18 12:33 x
すっごくタイムリー!
ちょうど我が家も、数の分解についてやっていこうと考えていたところなんです。
これって、全ての基本になりますものね。
それにしても、即答できるりっくん、すごいです!
Commented by mkrose at 2011-08-19 22:42
kotetsumamanさん>
コメントありがとうございます♪
数の分解、簡単なようで、なかなか奥深いですよね。算数でも答えがたくさんある問題を出すのが好きな私です。
息子は、数の分解の答えをもれなく考えるときにまだ順番に答えて行くことはできていません。10だと、1+9、2+8,3+7と順番には出来ていない感じです。それに気付く瞬間を楽しみに見守ります☆
by mkrose | 2011-08-18 09:15 | 幼児教育/知育 | Trackback | Comments(2)