幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

避難訓練で思うこと アメリカとの比較

昨日、次男が通っている児童館で避難訓練が行われた。
「隣の建物が火事」という設定。

放送が入り、「静かに真ん中に集まって聞きましょう」とのこと。「火事が起き。。。」の言葉を聞いて、荷物をまとめ、子供にコートを着せた私。真っ先に出ていく準備。

こうちゃんにも、「火事だから逃げるよ、すぐ逃げるよ」と説明した。
魔の2歳児、「まだ遊ぶ!」とごねている子もいた。。。

そして、靴を履いて避難。うちは、それぞれが自分の靴を履いた。

隣の公園に避難したのだが、かかった時間は8分だそう。火事で煙が来た場合は、3分で煙にまかれるらしい。今日のは、ある意味、遅いということだ。

で、思ったこと。
アメリカに住んでいたころ(結婚当初2年間DCに住んでいた)、避難訓練に英語の習い事のオフィスビルとアパートメントのと2度ほど参加したけど、みなかなり真剣だった。”避難訓練だから、ゆったり~、な日本”と違って、実際に起きたかのように必死に避難していた。
英語のお教室のビルのほうは、英語があまりわからなかったこともあって、本当の火事かと、途中まで思っていた私。皆に緊迫感があったんでしょうね、と、いうか英語がわからなすぎ、という説もありますが。いや~、怖かった!

アメリカで、「逃げ遅れるのは日本人が多い」、なんて言うことも聞いたことがある。のんびりとしているのか、安全な国に住んでいるからか、わからないけど。

そして、今日、思ったのは、訓練は、やっぱり緊迫感を持ってやるべきだということ。なんのための練習かわからないし、練習でできないものが本番(語弊があるが。)で出来ると思うのは甘い気がする。

長男には、「隠れなくても、大丈夫!と言われても、一番に机の下にもぐるのよ、危険を感じたら、一番に逃げるのよ」と小さいころから言ってある。少しグラッときて、辺りを見渡す大人が多いこと!隠れてから辺りを見渡したほうが良いかなと思う。

そして、3分で逃げられるように児童館でも訓練が必要だな、と思った。
そうだ、我が家からも3分で逃げられるか、明日にでも測ってみよう。

072.gif 長男、りっくん 6歳0カ月 072.gif 次男、こうちゃん 2歳6か月 072.gif

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、右下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/14635707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mkrose | 2012-02-10 00:01 | 東京生活 | Trackback | Comments(0)