幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こくご苦戦中!Z会小2ハイレベル

長男が小学校に入学して1週間が経とうとしています。昨日、学習机が納品されました。間に合わなかった!笑
(我が家が選んだ学習机と幼児の机)

今日は、はじめてこくごとさんすうの教科書を持っていき、初めての給食。楽しんでくれるといいな、毎日、帰ってからの話を楽しみにしている私です。

さて、悩みに悩んで進級をして、引き続き受講を決めたZ会小2のハイレベル。
Z会幼児・小学生 無料お試し教材

さんすうは、まだ苦労なく解いています。
今月は、時計のちょっとむずかしい問題もありましたが、それも大体OK。1年生号の時は知らないことがほとんどなく、確認のように問題に取り組んでいました。2年生号では、新しいことを知っていく良い機会になりそうです。
今月は、午前、午後の使い方を学びました。何時間前、後の問題は基本的にはできましたが、それに午前、午後を交えた設問だとちょっと難しいようでした。
ハイレベルについているパズルっぽい知恵の問題は、難なくクリア。
今月から、分からなかった問題は、ノートに書いてあげて(相変わらず、ちょっとまめな私♪)、後半にやっていくかな。

そうそう、算数の一年生が問題なくできていたのは、年少くらいから、ハイレベルの幼児に取り組んでいたからかもしれません。小学生のハイレベルの問題集と違って、回答欄が大きいので幼児には取り組みやすいです。
最近、トップクラスのさんすう1年をやっていて、回答欄の小ささに困っています。。。問題は解きごたえがあって良いんですがね。。。




そして、うちでは、国語がやっぱり、大変!
ひらがなの書き順はクリア、カタカナはもう少し。1年生の漢字は大体読めて、書けるのは半分ちょい。このような状態がまだまだなのか、手こずっています。春休み、漢字全部は終わらなかったんですよね。。。

ただ、Z会の2年生のドリルは、1年生の漢字を丁寧に復習するページがついています。4月号では、16個の漢字の復習。そして、2年生の漢字が8個。これがうちには大変ですが、助かっています。

そして、文の読解もなかなか手ごわくなっています。(息子にとってですが。)でも、設問は相変わらずスマートな良問♪こういうのいいね~♪なんて、思う内容です。(ちょっと上から目線の書き方で失礼します。笑)
私も読解の指導のエキスパートになりたいな、と思っている今日この頃です。
目指すは、この塾の指導。小学校受験の本ですが、こくごの理解の引張りとしてかなり参考になります。



そんなこんなで、分量が増えたZ会(小1より枚数が多くなりました、お値段同じなのでお得な気がする私♪)ですが、頑張っています♪

072.gif 長男、りっくん 6歳2か月 072.gif 次男、こうちゃん 2歳8か月 072.gif


関連する過去記事
春休みのお勉強 Z会とサピックスと幼児ハイレベ
2歳と楽しむZ会 小1
こくごの先取り
先取りしてきた1年間のまとめ Z会
今後の通信教育 Z会

使用中の教材

Z会幼児・小学生 無料お試し教材

★年長の4月から小一のハイレベルを先取り中。現在は、小2のハイレベルを受講中。
確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★次男が「ほっぷ(年少)」の知育プラスを受講中。お兄ちゃんも同じものをやっていました。カラフルで楽しいのか、自分で切ったり貼ったり、楽しんでいます♪

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、右下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/15027835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mkrose | 2012-04-12 10:04 | 幼児教育/知育 | Trackback | Comments(0)