幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

3倍遊べるカルタ

お正月からカルタにはまっている3歳のこうちゃん。大好きなポケモンだということもあって、毎日、毎日、カルタカードで遊んでいます。


点や丸の付く文字は読めないものもありますが、平仮名はほぼ全部読めるこうちゃん。それでも、1月の時点では、小1のお兄ちゃんとカルタをしても、数枚しか取れていませんでした。

毎日のようにパパやママと特訓した成果か、2か月で、お兄ちゃん28枚に対し、こうちゃん18枚というくらい取れるようになりました。文章も覚えているらしく、最初の1行で、バシバシ取って行く二人です。
読むのはママで、読み終わったら、ママも取っても良いというルールでやってきましたが、今日、初めて、1枚も取れなかった私です。

次男の目覚ましい発展につられて、本気モード全開の長男です。ライバル?がいるとより伸びるというのも頷けます。

このカルタは、取り札の裏にじゃんけんゲーム、読み札の裏に道作り迷路があります。

じゃんけんゲームは、山札を順にひき、前に出た札に勝つ札なら出しても良い、出せなったから手札にする、というルールで、最後に手札が少ない人の勝ちです。
小さい子にもできるので、わいわいと楽しめています。

ただ、次男は、単純に半分に枚数を分けて、じゃんけんぽん!で出し、勝ったらもらえるという普通のじゃんけん遊びにはまり、日に30分以上、相手をしていた私です。2週間もたつと、絵札の絵を見て、じゃんけんの種類が分かるようになったらしく(ピカチューのカードの裏はグー等)、私が絵札を出すと、自分の札の絵を見て、選んで出す。そして、ひっくり返すとことごとく負ける、という風になりました。はまるととことんの次男です。

道作りの方は、山札を順番にひいて道を繋げていき、ポケモンをゲットできる札を繋げられたら、得点が入るゲームです。得点表を付ける代わりに、ポケモンのフィギュアをひとつずつ取っていって数えています。昨日は、6対6対6の同点でした。
これも次男は楽しいらしく、道を一人で繋いで遊んでいます。長方形のカードの形が合わないといけないのも分かっています。(長い辺と長い辺、短い辺と短い辺が繋がります。)
最近は、「水道管ゲーム」でも遊べるようになったので、ここら辺は大丈夫でした。


そんなこんなで、一緒にゲームを楽しめている次男です。そうそう、食事の前には、レストランでお兄ちゃんと動物将棋で勝負していました。たくさんのハンデをもらって勝たせてもらって嬉しそうでした♪
たくさん遊んで大きくなあれ☆

この3倍遊べるカルタは、キャラくたー違いのものも出ているようです♪アマゾンのリンクですが、裏面も見れます♪参考までに。。。







072.gif 長男、りっくん 7歳0か月 072.gif 次男、こうちゃん 3歳6か月 072.gif


関連する過去記事
水道管ゲーム☆幼児にもできるカードゲーム→3歳10か月から4歳4か月までのお兄ちゃんのときの記録☆

使用中の教材

Z会幼児・小学生 無料お試し教材

★年長の4月から小一のハイレベルを先取り中。現在は、小2のハイレベルを受講中。
確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★次男が「ほっぷ(年少)」の知育プラスを受講中。お兄ちゃんも同じものをやっていました。カラフルで楽しいのか、自分で切ったり貼ったり、楽しんでいます♪

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する過去記事は、下のTagsをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/17367174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mkrose | 2013-02-24 21:35 | おもちゃ | Trackback | Comments(0)