幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Z会けいけん パン作り

毎月、Z会のけいけんの課題に楽しく取り組んでいる小2の長男です。もう丸3年になります。
このけいけんは、理科や社会の種になるように、さまざまな経験課題を通して学んでいきます。理科や社会の勉強に繋がるような知識が書いてあるワークの冊子も魅力。
絵と作文(1年生は、絵だけ)を書いて提出します。

先月は、パンを作る課題で、夜、パパと弟と作りました。朝食の分、と思って作ったのにすべて食べてしまいました。

なので、朝、起きて、パパ、ママが寝ている間に弟とパンを作っていました。遠くから「ママー、パン作っていい?」との声が聞こえていました。寝ていると、何も考えず、「いいよー」と答える私です。

起きたら粉まみれの床!びっくりしました。もちろん、その後の拭き掃除はなかなか大変でした。
でも、ドライフルーツ入りの焼き立てパンとひきたてのコーヒー(パパが用意)が出来上がっているのはなかなか幸せです。
a0005394_10263818.jpg


このことを学校の作文、添削の作文と楽しく書いていました。

「夜、お父さんと弟とパンを作りました。とてもおいしかったので、夕飯の後でしたが、2つも食べてしまいました。
次の日の朝も弟とパン作りをしました。小麦粉が足りなかったので、弟に入れてもらいました。こんどは、ぎゅうにゅうが足りなかったので、入れてもらいました。次は小麦粉。4,5回くりかえして、さいごにお父さんをよんでちょうせいしてもらいました。
前の日よりも3ばいくらいのパンができました。こうばしいかおりがして、とてもおいしくてなんこもなんこも食べました。」

それにしても粉や牛乳を足して、適当(?)な分量だったのによく膨らんだな、と思いました。
そして、味も良かったです。

年長からZ会を初めて、一人で料理をすることを覚えました。

Z会の課題だったので、一人でもできるのね、と私も思いやらせてみるようにしたからかもしれません。
先回りせずに見て見ぬふりをする、たとえ失敗してもそこから学ぶことがあると思えたのも大きいです。

それから、ナン(Z会体験課題)、ゆでたまごを使ったツナサラダ、サツマイモやナスのチーズ焼き、大根サラダ(ドレッシングも)、目玉焼き(この間、教えた)、中華スープ(こちらは先週)、なんて、長男のレパートリーは増えています。

先日も、私が「夕飯作りたくないなー」と言いながら(悪い母ですね。。。)、ウダウダしていると「じゃあ、ぼく作ろうか?」と言って、大根サラダを仕上げてくれました。その時に、中華スープも教えました。
この日は次男もノリノリで、なぜか餃子を作ってくれました。材料は私が用意し、コネてくれた次男。私と一緒に包みました。
ウダウダしていて、余計に大変だった(笑)夕飯作り。

でも、「作ってね」と言ったら、私が台所に入らなくても、用意からすべてできるので、なかなかすごいです。ま、片付けはまだまだですが。。。

Z会のけいけんの冊子はこんな感じ。見開き3ページあります。確かにこれを見たら弟と2人でも作れそうです☆最後のページが理科に繋がっていく内容です。同じく社会のシートも来ています。月に2課題来て、好きな方をやることになっています。

a0005394_10351169.jpg


a0005394_10352834.jpg


a0005394_10354673.jpg


Z会幼児・小学生 無料お試し教材

→充実のお試し教材がもらえます♪一度請求すると、学年が変わるたびにお試し教材がいただけて、毎年検討できます☆お得な感じです♪次男はいつ始めようか、悩んでいます。

ちなみに小さい頃は、この本を参考に子供と一緒に料理をしていました♪

食べ物館☆食育のこども図鑑☆

072.gif 長男、りっくん 8歳 072.gif 次男、こうちゃん 4歳6か月 072.gif


関連する過去記事
Z会年少、入会を考える
Z会年少 お試ししました♪

♪年長教材の体験の記事→
Z会年長体験☆わーくの取り組み
包丁を使う4歳☆みかんジュース☆Z会より考える
Z会年長ペアゼットの体験☆ロティ作り

♪Z会を選んだときに書いたもの→
Z会、先取りってありかな~?
Z会を選んだ理由

♪Z会1年生(年長児に先取り)の記事→
我が家のお月見☆Z会けいけん
こくごの先取り
先取りしてきた1年間のまとめ Z会
今後の通信教育 Z会
2歳と楽しむZ会 小1
春休みのお勉強 Z会とサピックスと幼児ハイレベ

♪Z会2年生(1年生時)の記事→
Z会小1 こくごの作文問題こくご苦戦中!Z会小2ハイレベル
こくごのつまずき!?小1
こくご 先取りやめました Z会


使用中の教材

Z会幼児・小学生 無料お試し教材

→充実のお試し教材がもらえます♪一度請求すると、学年が変わるたびにお試し教材がいただけて、毎年検討できます☆お得な感じです♪次男はいつ始めようか、悩んでいます

★長男・・・年長の4月から始めたZ会。現在は、小2のハイレベルを受講中。
確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材♪新3年生からは、中学受験コースを選択予定です。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★次男・・・「ほっぷ(年少)」の本誌、「すてっぷ(年中)」(1学年上)の知育プラスを受講中。お兄ちゃんも同じものをやっていました。カラフルで楽しいのか、自分で切ったり貼ったり、楽しんでいます♪

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




関連する過去記事は、下のTagsをクリックしていただけると探すことができます☆                                                      ↓ ↓ ↓
トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/19463062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくら at 2014-02-14 13:52 x
はじめまして!
3歳8カ月の娘の母です。
「Z会 年少」の検索から来ました。
保育園の通っており、程々に幼児教育と思っているのですが、
Z会の親子で取り組める体験教材に惹かれ、お試しを申込みました。届くのが楽しみです☆

「けいけん」の前のアプローチ→やりたい!気持ちって大事だと思うので、こういう冊子いいですよね。

こういう「けいけん」を積めるのっていいですよね。
興味ある記事がたくさんなので、また遊びに来ますね♪
Commented by mkrose at 2014-02-14 17:42
さくらさん>
はじめまして!
お試し教材、去年、次男も年少さんのものを楽しみました。年齢によって内容がだいぶ変わっていて、面白いです。
今年も年中さんのお試し教材が来ているので、次男と取り組まなきゃです。(毎年、12月くらいにお試しが来ます)

けいけん、楽しんでやっています。用意するものが結構、大変だったりしますが、それも自分で買いに行ったり、準備したりするのも学びだと思います☆

また遊びに来てくださいね♪
Commented by あっこ at 2014-02-15 00:02 x
いつも楽しみにしております。
うちの子はもうすぐ3歳です。そろそろ子どものデスクを買おうと思っているのですが、普段はどのようなところでお勉強していますか?子ども用デスクでしょうか。あと、絵本や知育玩具が増えてきたのですが、どうやって収納されているかもよろしければ教えてください。お願いいたします。
Commented by mkrose at 2014-02-15 09:49
あっこさん>
コメントありがとうございます♪読んでいただいて、励みになります。
子供用のデスクはボーネルンドのものを使っています。お兄ちゃんが3歳前に購入して、今は次男が使っています。次男は、迷路等が大好きなので、ここに座ってやっていることが多いです。あとは、大切なものを置いて、基地のようになっています♪昔、書いた記事がありますので、そちらも参考にしていただけるとうれしいです。
http://mkrose.exblog.jp/6920197ボーネルンドの椅子と机

収納ですが、押し入れの下半分と上段の右半分がすべておもちゃです。(買い過ぎ。。。)大きなクリアケースで、プラレールやリブロック等は収納しています。部屋にも棚を置いていて、そこにも今、よく遊んでいるおもちゃを収納しています。こちらも記事に、リンクがありますので、参考にしてくださいね♪
http://mkrose.exblog.jp/15097536我が家が選んだ学習机と幼児の机

そして、絵本も同じ棚に入れていて、400冊くらいあるのであふれています。最近は、次男に卒業の絵本は手離そうとしています。

また遊びに来てくださいね♪
by mkrose | 2014-02-14 10:39 | 食育 | Trackback | Comments(4)