幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

親子でくもんのドリル☆川島隆太教授の「脳を鍛える大人の計算ドリル」

くもん出版さんの「親子で計算ドリル」という企画に参加しています。

a0005394_23442180.jpg

小3の長男が取り組んだのは、「くもんの小学ドリル 2年生のかけ算九九」

私は、脳トレで有名な川島隆太教授の「脳を鍛える大人の計算ドリル」単純計算60日。
脳の健康を保つための本とあり、脳を活性化させることに重きを置いているドリルです。

トレーニングを始める前に、前頭葉機能チェックをします。
数を数えて、時間を測ったり、単語を記憶したりします。それを記録し、単純計算を5日終わった後で、再度チェックし、能力アップを実感できるようになっています。

このテストが、こどもでもできるものなので、小3の長男、年中の次男と楽しくテストしました。みんな負けず嫌いで必死です。笑

そして、毎日の計算問題のスタート☆
a0005394_23444615.jpg

長男のドリルは裏表1枚が一回分で、2分ほどで解いています。そして、私も2分前後で裏表一枚(四則計算100問)を解いています。
同じような時間で解けるのが、なかなかいい感じで、二人の負けたくない気持ちをあおってくれています。

終わった後は、交換して丸付け。大人のドリルの方は答えがないので、長男が一問ずつ計算してくれています。
a0005394_234583.jpg

狙っていたわけではないのですが、最初の3日、数問、間違えた私。その布石からか、長男は、間違えを見つけてやろう!と思っているらしく、真剣に答え合わせしてくれています。実は、この答え合わせが長男の能力アップにいいかもしれません。笑
終わると、カレンダーに「できた!がんばろう!」のどちらかのシールを貼っています。
答え合わせを含めても、時間的には、10分ほど。

この熱い競争が面白く映ったらしく、次男も好きな迷路を持ってきて、3日目から一緒に戦っています。大声で考えたりするので、かなり邪魔ですけどね。。。

親子で一緒にやることによって、お互いに「はじめよう!」と、声を掛けあうので、一人でやるより、継続できるかな、と思います。
そして、子供たちにとって、ゲーム感覚でできて、とても楽しいようです。
私にとっても、脳を衰えさせないためにもいい感じです★普段使っていない脳が動く感じがして、妙に疲れますけどね~。、
子供の計算力アップ、そして、自分のボケ防止(?)!なんだか一石二鳥な感じ☆

今日までに13日分終わっていますが、今後も続けていきたいな、と思います。

ちなみに、この脳を鍛える問題集、計算ドリルだけでなく、音読、漢字、書写、料理、歴史等々15冊も出ています。

これからも親子で楽しく学べるといいな☆

くもん出版 fansiteファンサイト参加中

emoticon-0171-star.gif 長男、りっくん 8歳2か月 emoticon-0171-star.gif 次男、こうちゃん 4歳8か月 emoticon-0171-star.gif


使用中の教材






遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




関連する過去記事は、下のTagsをクリックしていただけると探すことができます☆                                                      ↓ ↓ ↓
Commented by ぺたこ at 2014-05-08 12:51 x
このたびは、読みごたえのある投稿をありがとうございます。

小学ドリルと大人のドリルを交換して採点し合うのは
とてもいいアイデアです!

いっしょに取り組む良さも伝わってきて
大変うれしく拝読しました。

くもん出版モニプラ担当
Commented by mkrose at 2014-05-08 13:55
ぺたこさん
コメントありがとうございます^_^
親子でドリルに取り組むというステキな企画に参加させていただき、ありがたく思っています。
引き続き、子供は能力UP、そして、私は脳が衰えないように鍛えていきたいと思います。
by mkrose | 2014-05-07 23:49 | 幼児教育/知育 | Comments(2)