幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

賢くなるパズル 小1の場合

年度末の教材整理をしている我が家です。まずは、小1の次男から。
長男のやり残した教材は、つい次男にも使えるかな?と思い、取っておいてしまうこともあり、断捨離効果が薄いのです。

賢くなるパズルが大量に出てきました。
入門編1,2



やり残してあった1,2問を次男に解かせて、処分。

基礎編、基礎2.なぜか2冊ずつあります。1冊はお兄ちゃんが解いたもの。


次男のほうは、苦手な種類があり進んでいません。
基礎編は2年前の5歳7か月の時から取り組んでいました。何種類かの問題があり、それぞれが徐々に難しくなります。

1、道を作る問題
a0005394_15160767.jpg

2、四角で切る問題
a0005394_15142833.jpg
3、輪っかでつなぐ問題
a0005394_15133639.jpg
4、宝物を探す問題
a0005394_15090106.jpg
5、ビルの高さをあてる問題


長男はこの問題が好きだったので、ビルディングパズルだけの問題をやりました。6歳から始め、7歳7か月で終わりました。

a0005394_15091536.jpg
6、図形がかくれている問題
a0005394_15083950.jpg
簡単なところは、幼稚園生でも十分にできます。徐々に頭を使えるようになるので、入門編から行うのがおすすめです。

足し算初級を5歳で終えた次男。中級の途中です。
掛け算は、1年生の夏(満7歳)でできるようになったので、今は初級です。
四則初級はついこの間終えました。(7歳7か月)
今回は、てんびん中級を買ってみました。店頭で中級の例題を解くことができたので、初級は省略しました。長男も7歳くらいの時に同じ中級からスタートしました。
今日は、5分でできるところまでやって、中級の7級の7問を解き、7級の賞状を手にしました。

a0005394_14395275.jpg
2冊ずつ買っている我が家ですが、表裏と同じ問題なので、兄弟で使ってもいいかもしれません。
我が家はお下がりだと、「本物の賞状がついてない!」と次男がぐずぐず言っていたので、それぞれ買っています。
ちなみに塾の実力テストもかなりいい成績の次男です。

長男 11歳(小5) 次男 7歳(小1)

☆習い事→中学校受験塾

そろそろ通信教育?
Z会幼児・小学生 無料お試し教材

→充実のお試し教材がもらえます♪一度請求すると、学年が変わるたびにお試し教材がいただけて、毎年検討できます☆お得な感じです。

★長男・・・年長の4月から始めたZ会。小1、小2ハイレベル、小3の受験コースを受講。その後、受験塾へ。

確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材。



↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆↓ ↓ ↓

トラックバックURL : http://mkrose.exblog.jp/tb/23747727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mkrose | 2017-03-26 14:39 | 小学校教育 | Trackback | Comments(0)