幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:小学校教育( 52 )

去年に引き続きZ会を「がんばっている小2の長男。
昨日は、「国語の勉強でがんばりたいことを書く」という作文の課題にチャレンジしていました。

長男が書いた文章はこんな感じ。
~ぼくは、一年生のときには、かんじは、上手でしたが、おはなしのしかたのことばがあまりていねいじゃありませんでした。たとえば、先生がぼくを5+9のもんだいであてたときにぼくは、
「5+9=14。」
までしかいいません。なのでそのへんをなおしていきたいとおもいます。あとやるべきことをやるべきときにじぶんからできるようになりたいです。ちなみにあいさつは、できています。~
a0005394_10163446.jpg


これはできたけど、これはできなかった、という書き方が面白いな、と思いました。自己肯定感が強い?それとも、防御?それとも思い浮かんだ二つのことをくっつけてしまっただけ?いろいろ考えられて面白い。

たとえば、先生がぼくをあてたときに・・・
「そのへんをなおしていきたいです」どのへんだよ!と突っ込みたくなります。ま、ぼかしてて面白いなと思いましたが。パパは、役所的な文章だな、なんて言っていましたが。。。

やるべきことをやるべき時に、自分から・・・
私がいつも言っていることが少しは分かっているのだな、、と思いました。用意や勉強等のとっかかりが遅いというか、集中していないというか、ダラダラしている感じが、日々、あります。さっと取り掛かって、集中して短時間でやってしまったらな、と思ってしまうせっかちな私。子供時間(マイペース、やりたいことをその場で追及する時間)を過ごしているんだな、と思える時もあるのですが。。。私も見守る姿勢が大事ですね。

先日の2年生の保護者会で「2年生は自分のことを自分でできるようになる学年です。ぐっと我慢して見守ってください。」と言われたことを思い出しました。

ちなみにあいさつはできています。・・・
最後、アピールするあたりりっくんらしくて面白いです。

ちなみに、その前の回で私と今後の国語の勉強について話したのですが、あまり取り入れられていなくて笑ってしまいました。
話した内容は、
1、漢字→学校で一回で覚える(漢字は一回覚えて忘れなかったら、それで終わりなんだよ、と言ってあります。)
2、読書→週末までに1冊読む(目標は、マジックツリーハウスレベル。)
3、話し方→丁寧な言葉遣いを心がける

ちょっとずれていますが、本人ががんばって考えて書いたので、大いに褒めました。(Z会の親向けの答えには、いつも、褒めるように!と褒めポイントまで、書いてあります。この答えがここまでできたら、2年生の子供にとって、すごいことです、大いに褒めましょう、とか。熱くなりがちの私は何度も助けられています。笑)

去年の1年生の時に、途中で挫折した国語2年生ハイレベル。(年長の時に1年生、1年生の時に2年生と1年先取っていました。算数は続けましたが、国語は6月号あたりで放置し、1年生号を復習しました。)
去年の今頃書いた文章はこちらです。
a0005394_1017076.jpg


字も内容も一年で成長したな、と思います。



072.gif 長男、りっくん 7歳2か月 072.gif 次男、こうちゃん 3歳8か月 072.gif


関連する過去記事
Z会小1 こくごの作文問題

使用中の教材

Z会幼児・小学生 無料お試し教材

★長男・・・年長の4月から始めたZ会。現在は、小2のハイレベルを受講中。
確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★次男・・・「ほっぷ(年少)」の本誌、「すてっぷ(年中)」(1学年上)の知育プラスを受講中。お兄ちゃんも同じものをやっていました。カラフルで楽しいのか、自分で切ったり貼ったり、楽しんでいます♪

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する過去記事は、下のTagsをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

by mkrose | 2013-04-17 10:18 | 小学校教育 | Comments(0)
新学期が始まりました。おうちで勉強していた長男。
最近、算数は1年生のトップクラスをやっています。



その中の問題が一問解けなくて、久しぶりに泣きました。かなり、悔しかったみたいです。

問題はこんな感じ。

子供が一列に並んでいます。Aくんの前には6人いて、Bくんは後ろから9番目です。AくんとBくんの間には、子供が3人います。全部で何人並んでいるでしょう?式と答えを2通り書きましょう。

○○B○○○A○○○○
と図を書いて、11人を答えた長男。

もう一つの答えは13人でした。。。
そこで、「一つはあってるよ~、もう一つは違っているから問題をもう一回よく読んでごらん。」と、ヒントを出した私。

5分ほど、声に出して読んで考えた挙句に、3つくらい答えを言ってみたけど、撃沈。。。
「図がもう一つ書けるんだよ、もう一回読んで考えてごらん。」とアドバイスを。

このあたりで、「なんで算数なのに、答えが2つあるの!?」と悔し涙を見せた長男。久しぶりの勉強での涙です。
ここで、「頑張って~」とか、「問題を見ないと分からないよ~」とか優しく言っても、どんどん心がすさんで事態が悪化するので(ようやく学んだ母)、「もうやめたら?ご飯だし~。」なんて、適当に流していた。

すると、「あっ!分かった!19人でしょ!」と突然、ひらめいた♪
図もこんな感じにできていました。
○○○○○○A○○○B○○○○○○○○

「どっちが前か書いていなかったから、答えが二つあったんだね。」と言っていたりっくん。

このトップクラスの問題集の中でも一番難しい問題とされているレベル(標準→ハイクラス→トップクラス→復習の構成です)のトップクラスの問題でした。この回は、この問題を除いて、全問正解だったので、93点でした。

年長の初めからちょっとずつこの問題集をやっていましたが、今回のようにたまに考え抜かなければ、解けない問題もありますが、さらっと解いている問題がほとんどです。成長を感じます。

なるべく私は教えないで、本人の力でぐぐっと考えて、ひらめく、アハ体験のようなものをしていって欲しいと思っています。

最後に、この問題が解けた後は、うんと褒めました。そして、一列でもそうだけど、右、左の問題でもこういう風に2通りの答えがあるときがあるよ、なんて付け足しておきました。

ちょっとずつ粘り強くなっている長男です。

072.gif 長男、りっくん 6歳11か月 072.gif 次男、こうちゃん 3歳5か月 072.gif


関連する過去記事


使用中の教材

Z会幼児・小学生 無料お試し教材

★年長の4月から小一のハイレベルを先取り中。現在は、小2のハイレベルを受講中。
確実にレベルアップした息子♪設問数が少ないのに、階段状にレベルアップしていて、正統派のおすすめ教材♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★次男が「ほっぷ(年少)」の知育プラスを受講中。お兄ちゃんも同じものをやっていました。カラフルで楽しいのか、自分で切ったり貼ったり、楽しんでいます♪

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、右下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

by mkrose | 2013-01-09 09:17 | 小学校教育 | Comments(5)