幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やっと書きたい気持ちが芽生えてきた4歳1カ月の息子。

1歳代で幼児教室で指導されていたこともあって、一緒にお絵描きしたくて、3年間頑張ってきましたが、全然その気にならななかった彼。クレヨンを並べたり、転がしたり、積んだり。。。
クレヨンが転がるから悪いのかな?なんて思い、三角クレヨンを買ったり、この色鉛筆は使いにくいかな?と新しいのを買ったり。全然、描かなかったクレヨン、色鉛筆ですが、それぞれ4セットもあります。(買い替えすぎですね。。。)

きっかけは4歳のお誕生日に描いた絵でした。しまじろうのお誕生日の本に絵を描くページがあり、お誕生日会で描いたんです。それが、びっくりするほど下手だった!!!まるで2歳児の線画!お話ししながら本人は軽快に描くのですが、どうもそれには見えない。

絵が好きではないことも、あまり得意ではないことも幼稚園の絵で知っていましたが、なんていうかショックでした。

で、ちょうど次の週に幼稚園の面談があったので、先生に相談。製作もお絵描きも指示はしっかり聞いて取り組んでいますが、絵はちゃちゃっと描いておしまいにしてしまうとのこと。先生がもう少し描くことを促しても、もうおしまい、粘土をやると言うそうです。

そこで、毎日、私と一緒にお絵描きを始めました。一緒にだと楽しいみたいで2週間も続けると、本人の中でお絵描き大好き!得意!なんて思い始めたようです。(男の子って単純ですね)

おうちやお花、車、顔、基本的な描き方は教えてしまいましたが、まぁ、いいかな。最近は、「脳をきたえる かんたん おえかきドリル」なんてのも導入して激しく描いています。
a0005394_17504583.jpg


これは、簡単に描ける方法がワーク形式で載っています。描き方を見ながら自分で描けるのでなかなかいい感じ。余白が埋まるくらいいろいろなものを描いています。
a0005394_175136.jpg


絵が苦手な子におすすめです。

そんなこんなで、今日は旗とボールを描いていたりっくんでした。

そして、はなまるくん(学研)のワークで、茎に花を咲かせるページをめいっぱい楽しんでいました。前はこういうページはなかなか取り組もうとしなかったので、かなり進歩だなとうれしく思います。

☆商品情報
脳をきたえる かんたんおえかきドリル[3歳~6歳]

(りっくん 4歳1カ月)
by mkrose | 2010-03-29 23:11 | 幼児教育/知育 | Comments(6)
うちの壁に貼ってある幼児の「にっぽんちず」。
幼児教室にあったのを見て、買ったものです。

久しぶりに貼ったのもあって、最近、お気に入りのりっくん。なぜかトイレに行く前にもじもじしながら見て、いろいろ唱えてトイレに駆け込みます。漏れないか心配な母。

そんな彼が、最近、ずっと言っているのが「たいへいようと にほんかい どっちが大きいんだろう?」とのこと。貼ってあるのが日本地図なので、見た目は同じくらい。どっちだろうねぇ~なんて放置し続けていたわたし。

ところが、今日は、「ままー、にほんかいとたいへいよう どっちが おおきいかしってる?」と聞いてきた。

うーん、どっちかな?と私が返事をすると、「おしえてあげるよぉー」と言って、地球儀を取りに行った。(おじいちゃんにクリスマスプレゼントに買ってもらったの♪)

そして、ペルシャ湾(サウジアラビアの北東)を指差して、「ここがにほんかいでぇ~」と。

いやいや、そこは違うんじゃない?とがくっとなった私。

「あっ、ここだった」とりっくん。

良かった良かった、今度は正しい位置に。

そして、「ここがにほんかいで こぉ~んなにおおきい ここがたいへいようだからぁ~ おおきいのはたいへいようなんだよぉ」と無事(?)教えてくれました。

そして、「ちきゅうの 7割が うみなんだよ」って。

7割ってどれくらい?と聞くと、両手をいっぱいに広げて、「こーんなに こーんなに大きいくらいだよ!」と。

まだまだ4歳のかわいいりっくんでした。

一応、「10個に分けた7つ分が7割って言うんだよ」、とさらっと説明してみましたが、もちろん分かっていなかったけどね。
by mkrose | 2010-03-17 01:22 | 幼児教育/知育 | Comments(2)
りっくんが4歳になりたてのころ(今は、4歳1カ月です)の話。

アメちゃんが6個あります。ママとりっくんで分けようかな♪何個ずつにする?なんて話に3個ずつ~♪なんて答えていた時のこと。(この手の日常に出てくる15個くらいまでの割り算については、3歳くらいからかなり出来るりっくん。だって、間違うとイチゴだろうがチョコだろうが、少ない数しかもらえなくなったりするから本人必死です。ちなみに、本人が多くなるように間違ったときは分けなおさせてます。笑)
割り切れない数についてはそのときどき違った答えをします。

5個のものを3個と2個に分けて、りっくん小さいから少なくていいよー、とか。
7個のものを3つずつにして、ひとつは半分しようねー、とか。
10個のものを、パパとママとりっくんは3個ずつ、残りは小さいこーくん(弟)にあげるとか。


この日の回答はこんな感じ。

10個のあめをりっくん分けようか?
 「うん、ママ、5こね、りっくんも5こね。仲良しだねぇ♪」

あれ?パパが来たよ~。どうしようか?

うーん、と悩んだ挙句、

「りっくんの3個をパパにあげて、ママの1個もパパにあげる!」

でも、パパは4個でママは4個、りっくんは2個になっちゃうじゃん?

「いやいや、まだだよ、そして、ママの2個を半分にして、半分と半分をりっくんにちょうだい」

とのこと。

結果、パパ→4個のアメ、ママとりっくん2個のアメと半分のアメが2つ。

じゃあ、ママとりっくんは3個ってこと?って聞いてみたら、

「うーん、みんな4個食べられるでしょ!」とのことでした。

どうやら、アメだから何回食べられるかが大切だったみたいです。

なんだか複雑。算数的にはどうだかわかりませんが、なぞなぞだったら正解になりそうな珍回答だな、なんて思ってしまいました。

そんなこんなの4歳のりっくんです。数字はまだ書けないからワークとか出来ないんだけどね。。。
by mkrose | 2010-03-16 21:59 | 幼児教育/知育 | Comments(0)
今日は卒園式で年少さんの息子はお休みでした。
一日中、ゆっくりできるのってなんか楽しいなぁ、なんて思ったわたし。
午前中は二人を連れて、歯医者に行き(プロのシッターさんが来てくれます)、10時半過ぎから二人に絵本を読んで、弟を寝かしました。
お兄ちゃんは4歳の今まで読み聞かせで寝たことが5回ほどしかありませんが、弟はかなりの頻度で寝に入ります。
「いいおかお」「もうねんね」なんて、読むといちころ。すっごく寝やすい絵本みたい。笑

そんなこんなで弟が2時くらいまで寝ていたので、ふたりでランチをして、カード遊びを♪
りっくんは、「こぐまのカードで遊ぼう?」と誘うと喜んで乗ってきます。お勉強なんて微塵も思っていない様子。(基本的に鈍いのかしらね?)

今日は、おけいこカード1-7の一音一文字(同頭音・同尾音)をやってみました。

12枚の絵カードとおはじき(うちでは、木のビーズを使っています)を使って、10ほどある設問に答えていきます。
・音の数だけビーズを置く(きりん→3個ビーズを置く)
・同じ文字で始まる/終わるカードに同じ色のビーズを置く
・「き」から始まる言葉を探す
・3文字/4文字/5文字の言葉を探す

そんな問題にふたりでじ~っくり答えながら、遊んでいました。ちなみにワークと違って、カーペットの上で楽しく遊ぶのが、うちではしっくりくる感じです。すべての問いに危うさもなくクリア♪

その後は、流れでひらがな積み木(公文のひらがなとアルファベットの積み木をいまさら買いました。)でしりとり遊びを。げらげら笑いながら、いろいろな単語を探していきました。

そして、最近、買った三省堂の「こども 絵じてん」を初めて出してきました。これで、いろいろな言葉を見ていきました。


この本は一語ずつ絵と意味、そして例文が出ています。名詞だけでなく、形容詞、動詞、副詞が乗っていたり、仲間ごとの絵なんかもあっておすすめです。

今日は、反対ことばに焦点を当ててみました。
と、いうのも先日、読んだ本の設問に、
プールは広い→お風呂は?
プールは広くて深い→お風呂は?
プールは広くて狭くて冷たい→お風呂は?
なんてのがあったからです。

りっくん(4歳1カ月)は、ことばは知っているけど、3つになると記憶があいまいになるみたいで順序がバラバラでした。
そして、「ままー、プールはあたたかいときもあるんだよ!知ってた?」なんて教えてくれました。

今日は、
☆形容詞
夏は暑い→冬は?
今日はあたたかい→今日は?
お湯は熱い→水は?
明るい→暗い
新しい→古い
厚い本→小さい本(薄い、できませんでした)


☆動詞
ドアをあける→しめる
ドアがあく→しまる
階段を上がる→おりる
手をあげる→さげる
ボールがあたる→はずれる(できませんでした)
ある→ない


☆副詞
ご飯を食べたあと→まえ

☆名詞
あんぜん→きけん(私はあぶない!と答えて。。。汗)

こんな感じで文章の中での反対ことばを確認してみました。クイズみたいで面白かったみたいです。
あいうえお順に反対ことばがこの絵本にはのっているので、使いやすかったかな♪

そして、家の絵のページで指を人に見立てておままごとに誘われ、なぜかおままごとを☆

そんなこんなで、2時間くらいことば遊びをしていました。

その後、スイミングに行って元気に泳ぎ、お友達と外で遊び、おうちでテレフォンイングリッシュをして(Blue3-6の2回目)、7時半には寝たりっくんでした♪


by mkrose | 2010-03-16 21:14 | 幼児教育/知育 | Comments(0)
前置きがかなり長くなりました。一気に書かないと飽きてしまいます。(笑)

まず、スピード計算、大量暗記みたいなことを今年は避けていきたいと考えています。そして、分かりやすい指標なので幼児教育をしている身としてはやってみたい「先取り学習」も避ける方向で。
スピード重視で先取るのではなく、じっくり深く取り組む子になって欲しいな、と思って。
今回、辿り着いた結論は、どんぐり倶楽部の影響が強いのだけど。(一度、HP見てみてください。)
糸山泰造著 「12歳までに絶対学力を育てる学習法」も必読です。
12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす
なかなか、考えさせられました。
うちは、このどんぐり倶楽部に年長さんからお世話になろうかな、と思っています。(それまでは、遊びの中から学べって方針なので)

そして、幼稚園に通っていると落ちる息子の日本語。論理的じゃなくなるし、言葉の使い方もおかしくなります。なので、日本語力を鍛える指針となるものを探しました。
☆幼児教室「あすか会」の小池松次著「小学校受験 目からウロコの合格マニュアル」
小学校受験 目からウロコの合格ノウハウ

かなり参考になりました。読書法を記しているのですが、読みながら子供たちに考えさせるひっぱりがすごいです。
論理的に話すように導くこともできるんだなぁ、って考えさせられた本です。小学校受験を考えていない方にもお勧めです。日本語力がつきそうです。ただし、かなり上から目線の文章ではありますが。笑

そして、「教科前基礎教育」を提唱している、こぐま会の久野泰可著「3歳からの考える力教育」。
3歳からの「考える力」教育

これもかなりおすすめです。入学する前に出来ると、後々の学習の伸びに繋がるようなヒントがたくさんあります。本にある通り、入学の時点で学力の差はもう出来ている。1年生で学習のスタート地点は違う、にかなり納得です。
また、3,4,5歳の年齢に応じた出来ることのチェック表がついています。
☆5歳→7つの大きさの円を書き分けられるか?等。
☆5歳→4つのものをシーソーに乗せた図があり、それより、重さ比べができるか。
☆5歳→物を四方から見て、想像できるか等。

また、息子は算数的思考に強そうなので、伸ばしてあげられるようなものを探しました。ちなみに算数の力が付いたのはブックローンの「ピタロ」の絵本シリーズと積み木のおかげな感じです。

☆パターンブロック(ハンズオンマスの教具でアメリカの算数で使われていたり、幼児教室でも使われている玩具です。注文中♪)
パターンブロック ファーストステップボックス

☆アルゴ(カードゲームです、UNOに変わって楽しめたらいいなと思って。ちなみにお教室も年長さんからあります。注文中♪)
頭のよくなるゲームアルゴ

☆宮本算数教室の教材「賢くなるパズル」入門編
宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編

☆算数脳パズル「はじめてのなぞぺー」
年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー

買ってはみたものの難しすぎて、お蔵入りになったのは、
☆天才ちゃれぺー(アルゴ関係)
「考え抜く力」が身につく!天才くらぶ チャレペー1 総合編【数・かたち・考える】
もともと年長さんから向けです。

そんなこんなで4歳の今年は、

①総合知育系
小学校受験の教材ではありますが、こぐま会のお教材のおけいこカード①~⑫を。(今は1-6あたりです。)
対応するペーパーもありますが、遊びの一環だとカードの方が食い付きが良い感じでした。ママとカードゲームをしていると思って楽しんでいます。



②国語系
これまで通り、絵本をゆっくりじっくり親子で楽しみたいと思います♪そして、日本語を少し丁寧に学ばせたいな。
また、今はひらがなが読めて、カタカナがもう少し、書くのはまだまだの息子。
通信教材で少し書けるようになるといいな。
今年は、ベネッセしまじろう(年中知育プラス)、学研はなまるくん(年長)にします。これだけでワークは月に3冊はあるので、いいかな。ま、無理のない範囲でやるイメージかな。

③算数系
積み木(童具館)、ブロック(リブロック)をたっぷり♪(すごく好きですからね♪)
パターンブロック
タングラム
なぞぺー、賢くなるパズル

④DWE英語セーブへ。(笑)
やっぱり10月からの5ヶ月英語漬けしすぎました。復活という感じはかなり良かったのですが、やりすぎでした。細く長くを完全に忘れちゃったわたし。そんなこともあり、お教室はいったん退室して(またですが。。。)、週に1回のTE(テレフォンイングリッシュ)中心でやっていこうかな。トークアロングカードも平日の1日10枚は通してね。

⑤もちろん、体験学習
お外遊びやお絵かき、工作もたっぷりできるといいな、最近は色水作りにはまっているりっくんです。(DWEディズニーのレッツプレイセットに入っています)

そんなこんなで楽しく学べる一年にしていきたいな♪

☆関連記事☆
4歳児の教育を考える(今までの取り組み)①
4歳児の教育を考える(簡単な知能テスト)②




☆紹介したもの☆
12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす
小学校受験 目からウロコの合格ノウハウ
3歳からの「考える力」教育
パターンブロック ファーストステップボックス
頭のよくなるゲームアルゴ
宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編
年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー
「考え抜く力」が身につく!天才くらぶ チャレペー1 総合編【数・かたち・考える】

emoticon-0171-star.gif りっくん 4歳1カ月 emoticon-0171-star.gif こうくん 7か月 emoticon-0171-star.gif

遊びに来てくださってありがとうございます☆
↓ ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


関連する「こども関係」の過去記事は、右下のタグをクリックしていただけると探すことができます☆
                                                      ↓ ↓ ↓

by mkrose | 2010-03-13 00:31 | 幼児教育/知育 | Comments(0)
今日、書店で見つけた「4歳の知能テスト」学研、をやってみました。結果は、5段階評価でAでした。
ただ、4歳0から3カ月、4から7カ月、8から11カ月に評価が分かれているので、息子(4歳1カ月)の今の実力でこのままの結果だと評価はBといったところ。

ただ、冒頭に知能の働きには、図形的要素と概念的要素、記号的要素、行動的要素がありますが、後半2つは紙面でのテスト化が困難なため省略とあるので、ま、お遊び的ワークとして行うのがいいかな。価格も450円ですしね。2歳から6歳までがあるようです。

複雑なワークに慣れていないみたいで、問題の意図が分からないなんてのもありました。3つ連続したしりとりの真ん中を答えるなんてのも少し間違えてたかな。
あとは、同じものをたくさん探すなんてのもダメだった感じ。しまじろう(ベネッセ)やはなまるきっず(学研)の問題でも、1学年上のものではありますが、間違い探しが最後までがんばれないものね。。。これは、年とともに伸びるのかしら?

あとは、案外、鳥の名前(くじゃく、鳩、ペンギン)が顔だけでは判別できなかった様子。じっくり観察する力が育ってないのかな?と思いました。

ま、気付きがあった感じのテストですね。

(またまた続く)

4歳児の教育を考える(今までの取り組み)①
by mkrose | 2010-03-12 23:25 | 幼児教育/知育 | Comments(0)
さて、ここ1ヶ月半、4歳になったりっくんと何に取り組もうか?なんて、考えて過ごしていました。なんだか、彼の1月末の誕生日がくると、毎年、考えたくなるテーマらしいです。しかも、考えている間に1ヶ月半も経っているあたりマニアというか間抜けというか。。。笑

ネットでいろいろ検索し、玩具を調べ、通信教材のサンプルのお取り寄せを6社ほどして、幼児教育に関する本を5冊ほど読み、なんて活動をしていました。

今までのりっくんへの幼児教育はこんな感じ。

①胎教・・・
・七田の胎教教室
・読み聞かせ(日に2冊ほど)

②0歳から1歳・・・
・絵本の読み聞かせ(日に10冊ほど)
・公文のカード類を使ってフラッシュカードやおはなし。
・マミィのシール張りや絵本遊び

③1歳から2歳
・絵本の読み聞かせ(日に10冊ほど)
・久保田式の幼児教室(最近、エチカ等でかなり人気ですよね。)へ1年ほど。
・久保田式のお教材(リブロック、ビッグブック、ビッグチャム、アイカード、チャイクロ、ピタロのひろば、ことば・ちえ・こころのほん)
・DWEディズニー英語スタート
・DWEディズニーのお教室(プレイアロングクラス)
・しまじろうのプチファースト、プチ

☆1歳半検診で450語を記録しました。3語文も1歳4カ月で話していて☆
うーん、このときは天才児かと思いましたよ♪

④2歳から3歳
・絵本の読み聞かせ(20冊ほど)
・積み木購入(童具館)
・DWEディズニーのお教室(プレイアロングのクラス)
・・・2歳半でいったんお休みへ。それと同時におうちでも聞き流しだけに。。。
・スイミング(週1回の親子スイミング→引越しによって、週2回のひとりスイミングへ)
・幼稚園のプレ(初の母子分離)
・しまじろう2学年分を受講。
・学研はなまるくん年少(1学年先取り)、はじめてのかがくずかん受講。

☆11月に幼稚園受験を思い立って、しました。名門校というわけではなかったのですが、結果はOK。
ただ、方針に疑問を持ち、今の園を選択。

⑤3歳から4歳
・絵本の読み聞かせ(5冊ほど)
・スイミング
・DWEディズニー英語のお教室へ(3歳半より復帰、ブルーのクラスへ)
・しまじろう年中(1学年先取り)、知育プラス(年少)、好奇心プラス(年中)受講。
・学研はなまるくん年中(1学年先取り)受講。
・クーゲルバーン(穴あき積み木)

☆ママが3歳直前から妊婦になり、出産の8月までなんとなくの生活。ひとり遊びをいっぱい覚えたね。笑
その後、秋から英語教室へ行き始め、突然の英語生活に突入。振り回されているりっくんです。

☆英語は、10月からの成果がかなりでている感じ。お教室でもたくさん褒めてもらっています♪
おとといは、Mickey is pointing at the fireplace. Why?に「Becouse Chip and Dale eating two pieces of cake」と答えていました。もちろん、パーフェクトではありませんが、文章の構造が分かっている感じの答えが増えてきています。毎日のトークアロングカードのおかげかな♪

そして、これから♪♪長くなったので②へ

4歳児の教育を考える(簡単な知能テスト)②





入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】


子どもの学習に関するアンケート募集 回答者全員にプレゼント!

by mkrose | 2010-03-12 23:08 | 幼児教育/知育 | Comments(0)