幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー

<   2010年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日はパパは徹夜で仕事、なんと9時に朝の帰ってきた。週に1度は完全徹夜の彼。もうそんなに若くないのに大丈夫?って感じです。

午後からゴールデンウィークにパパの実家に帰省するので、お土産を買いに渋谷へ。109の前を通りかかると列を作っているたくさんの人。
どうやら、森永のピクニックのキャンペーンらしくジュースを1本ずつ配布しているらしい。さっそく、並んでみた♪自動販売機のように箱形が作ってあり、真中にボタンが。押すと取り出し口から人間の手がにゅ~と伸びて、ランダムにジュースをくれる。アナログ加減が面白かった。
味は6種類かあったが、直前まで「すとろべりぃ~がいいなぁ!」と大きめの声で言ってたりっくん。聞こえたのか、イチゴ味だった。私は苦手なヨーグルト味。パパがもらったカフェオレと交換してもらっちゃった。109の前で飲んだ。(ワンピース着てたけど。。。)
カフェオレは甘すぎもしなかったが、本格的な珈琲って感じでもなく、まあまあ。コンビニで売ってるスタバのアイスカフェやモンカフェの方が美味しいな。他のマンゴーやフルーツ味が試したかった。フルーツ牛乳の瓶って温泉で飲むと妙に美味しく感じて好き♪
109の前でやっているのに並んだのは初めて♪子連れにも楽しめるキャンペーンはうれしいな。

そうそう、ピクニック学園というモバイルサイトのお知らせが書いてある生徒手帳もどきも配っていた。りっくんは、キャンペーンのお姉さんたちにかわいいぃ~とか言われながら、ピクニック学園の留学生(ポスターに載っている外人の男の子)と写真を撮っていた。渋谷は親子連れはやっぱり少ない。それにしても若者で溢れかえっていた。そして、警察の機動隊もかなり出動していた。

その後、東急東横店でお買い物して、屋上の遊具で遊んで(200円で柵の中のトランポリンや三輪車、ミニアスレチックのようなもので遊べる、幼稚園生くらいには楽しい感じ。)、帰ってきた。
舟和の芋ようかんとあんこ玉を買ってきて、久しぶりに食べた。素朴な味で心和んだ。こーがくんも一所懸命食べていて、なくなると泣き叫んでいた。

そんなこんなで普通の一日。
by mkrose | 2010-04-29 21:11 | 東京生活 | Comments(0)
このおけいこカードはパネルシアターな感じ♪

「花子さんのおうちに つるさんが遊びに来ました~♪」なんて言いながら、カードを出していきます。
同じコップに同じ量ジュースを用意するのですが、飲みにくいのでつるさんのために、長細いコップに入れ替えてあげます。

そして、どっちが多い?と。(もちろん、同じ量を入れたので同じ量ですが幼児には難しいようです。)
平たいコップに入れたり。
4つの小さいコップに入れたり。

最終的には、入れ替えた長細いコップと平たいコップの量を問う。(もちろん同じ)

回りくどいかも知れませんが、すごく楽しい内容でした。

a0005394_10345762.jpg

(写真は、みんな同じ量でけんかにならないね、と確認しているところです。)

a0005394_1035196.jpg

(写真は、すべてのカードをママとりっくんの2人で分けるという設定で考えています。大きいコップ2こずつと小さいコップ2こずつに分けることができました♪ちなみに小さいコップ4つで大きいコップ1つ分の設定でしたが、最初小さいコップを4つママに分けたので最後のひとつがあまることに。カードを半分にするなんて言っていましたが、じっくり考えて小さいコップなら2つずつに出来ると気付いたみたいです。うちは、カードだと諦めずに考えます。)

実は、これに取り組む前に、コップに水を入れて2回ほど同じようなことをやっています。その後、色水実験も♪(来客があって話しこんでたら、すごいことになっていて、片付けが大変でしたが。。。)
それもあって、すんなりできた感じでした。お風呂や夏のミニプールでもやってみたいと思っています。

カードは、ペーパー問題よりも楽しく取り組めるのが良いと思います。脳って楽しいときに活性化すると思いますしね☆

a0005394_10375335.jpg

結局、最後には積み木も登場しておやつパーティみたいになりました。カードは最後は楽しく発展していくのが、またいい感じです♪
by mkrose | 2010-04-28 10:38 | 幼児教育/知育 | Comments(4)

こぐま会の取り組み

ここ2カ月取り組んでいるこぐま会の教材。

うちでは、「ひとりでとっくん おけいこカード」と「ひとりでとっくん365日」を使っています。
どちらも12まで出ていて、説明だと年中さんの11月から毎月1冊ずつで1年かけて取り組んでいく内容です。



やっと今月分の2まで4冊が終わろうというところです。出来ない問題も多くて、新しい発見が多い2カ月となりました。
(学研の通信はなまるくんの年中ワーク、ベネッセの年中のワークは年少のときに楽々こなしていたので、こぐま会はやっぱり難易度が高いように思います)

おけいこカードは、厚い紙に印刷された大きなカードと設問集の小冊子が入っていて、カードはママが切っておいたり、解答用紙をコピーしたりと準備が必要です。手間はかかりますが、うちではかなり楽しんで使っています。

繰り返し使うタイプの教材です。子供の理解できる問題のときはカードまで必要ないのですが、分からない時は、カードになっているので、何度も繰り返し遊べて(取り組めて?)便利です。おはじき(うちでは、木のビーズを使っていますが)と一緒に使う問題も多く入っています。

うちのりっくんは、カードゲームで正解だと木のビーズがもらえる♪と、完全にゲームだと思って取り組んでいます。あえて、机の上ではなく自由な姿勢で床の上でやっているのもいいのかもしれません。
しっかし、単純なおとこのこって感じに育っています。笑

そして、「ひとりでとっくん365日」の方は、1枚1問で30問くらいはいったペーパー問題集と設問集の小冊子、親向けの学習ノートが入ったセットです。
おけいこカードと同じナンバーが対応しているので、うちでは、こちらもひとつきに1冊やっています。ちなみにすんなり解ける問題が少ない&白黒なので繰り返しできるようにコピーして使っています。30問ですが、なかなか手ごたえのある良問が多い印象です。
内容は以下のリンクで見れます。左の目次から入ってみてくださいね。

親向けの学習ノートは学習のポイントやつまづきやすいポイントが開設されていたり、季節の行事の取り入れ方が書いてあったりで参考になります。うんちく好きにはお勧めです。(私は勉強法を勉強するのが好きなので、かなり好きです。)

これを年中さんの一年でじっくり取り組んで、来年は単元ごとになっている「ひとりでとっくん」シリーズ(100冊も出ています!)をやってもいいかな、と思っています。

4歳向けの「ひとりでとっくん」もあるのですが、うちではやっている余力がなさそうです。

少しずつがんばっていきます☆

追記☆(2014,2/26)

こぐま会については、下にある 「Tags こぐま会」をクリックしていただけると、その後の取り組みがたくさん出てきます。

長男は、4歳から、入学前の6歳になりたての頃まで2年間に渡って、おうちでやっていました。
次男も現在、4歳半です。4歳になってから少しずつ取り組んでいます。

☆関連記事
こぐま おけいこカード2-2 水量の保存
年中さんのお勉強(4歳3カ月)計画その後
4歳児の教育を考える(1年の取り組み)③
こぐま会 おけいこカード1-7、一音一文字(同頭音・同尾音)
こぐま会5枚のペーパー問題☆年中・4歳3カ月

   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ランキングに参加しています。良かったら、クリックして応援してくださいね☆↓
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
by mkrose | 2010-04-28 10:20 | 幼児教育/知育 | Comments(4)
カワイイ盛りの次男♪
彼は、ほんと愛想がよく、目が合うといつもニコニコです。あまり構われてないからかと心配になるくらいの愛想の良さ!

a0005394_0494546.jpg

(大きい絵本を支えに膝立ちです♪)

そして、ほとんど泣きません。眠い時と、お腹がすいた時(食べている途中、早く口に入れてほしい時)、そして、夕方。あ、でもこの夕方もお腹がすいているからですね。笑
離乳食も3食きっちり食べています。お気に入りは野菜たっぷりスープやクリーム味の洋風煮やトマトリーズリゾット♪洋風の味の方が好きみたいです。バナナも大好きでにっこり、うっとりしながら食べています。おかゆは味がないのが分かるらしく、「あ~!」と不機嫌そうな声で、ちょっと怒りながら食べています。

お兄ちゃんの作っているおもちゃに近づいて触っては、引き離されたり、怒られたりしていますが、めげません。「あ~!!」と低めの大きな声でお兄ちゃんを威嚇、抗議をしています。お兄ちゃんが涙ぐんじゃうこともあるくらい。

お兄ちゃんは、かなり優しめの子なので、滅多に手が出たり攻撃したりしませんが、(出るときは、やめてと10回くらい言ってからかな?それでも、私が放置している時です)やられても向かっていきます。う~ん、どんな子供になるんだろう。。。


0か月
 ・うつぶせから仰向けへ

2カ月
 ・首が座る
 ・ベッドサイドのおもちゃを手で鳴らす
 ・まま~、まんま~、あむ~とお腹が減ると声を出す

3カ月
 ・寝返り
 ・うつぶせから頭を上げる
 ・名前を呼ぶと振り向く

4カ月
 ・寝返りでどこまでも転がっていく

5ヶ月
 ・お座り
 ・ビスケットを自分で食べる

6カ月
 ・お腹を軸に動く
 ・後ろへはいはい
 ・お風呂でつかまり立ち

7カ月 
 ・下2本の歯が生える
 ・はいはいで前に進む
 
8か月
 ・絵本で決まったページで笑ったり、「あ~!」と声を上げる
 ・ストローで飲む
 ・おすわりからはいはいへ
 ・はいはいからつかまり立ちへ
 ・おいでおいでのポーズ(なぜか手首がくるくる回っています♪)

ちなみにお兄ちゃんのときの日記に、

「8ヶ月の頃に「電気は~?」と聞くとどこにいても上を見て探していました。
その後、9ケ月で時計でも同じ事ができるようになり、いったん電気の存在は忘れました。(笑)」

な~んて、書いてある。うーん、こーがくんは電気なんて知らないかも。。。お兄ちゃんの時は一日3時間以上は話しかけしてたんだよね。絵カードも使って遊んでいたしね。
もう少し、こーがくんに向かってしっかりお話してあげなきゃかな~。
by mkrose | 2010-04-28 00:50 | 成長記録 | Comments(0)
今日は気持ちの良いお天気でしたね~♪お弁当を作り、一週間のお買い物をすごいスピードで済ませて、世田谷公園へピクニックに行きました。

なぜかりっくんは三輪車。もう卒業してもいい感じですが、まだお気に入り。自転車の補助輪を外したままなのがいけないのですが。。。
今日はフリーマーケットの日だったらしく(はじめて遭遇しました)、公園の区の駐車場は長蛇の列でした。

お友達にばったり会ったりしながら、噴水を見ながらピクニック♪青空のもとでのおにぎりは最高でした☆
a0005394_22545611.jpg

その後、みんなでプレイパークで遊びました。世田谷公園内にはNPOの団体が運営している場所があって、木やロープを使って作った遊具がいろいろあるんです。小学生くらいになっても十分遊べそうな内容。りっくんも2m以上あるスロープを上ったり、木のおうちの天井裏みたいなところを探検したり遊びました。
a0005394_22552013.jpg

そして、ミニSLを見ました。(土日と水曜日しか動いていません)今日は、乗りませんでした。(昨日、3人は乗ったみたいです)(100円くらい。)

その後、私以外は、つい最近リニューアルした園内にある交通公園へ。ここでは、信号機や道路が合って、昔ながらの足を前後させて動く、カートに乗れます。交通ルールを教えるための公園みたい。いつもはすんなり乗れるカートも土日は15分くらい待ちます。(ちなみに無料です。)大きなSLの展示もあり、そこでも遊べるようになっています。

私はゆっくりフリーマーケットを見て回り、合流、泥だらけで砂遊びをしていたりっくんでした。

4時間くらい公園で遊んで、親はくたくた~。炎天下ってほんと疲れますよね。

その後、お茶をして、パパの洋服のショッピングへ♪りっくんは熟睡でした☆
ばたばたしていたけど、楽しい一日でした。明日から、また母子家庭がんばらなきゃ~!
by mkrose | 2010-04-25 21:30 | 東京こどもスポット | Comments(0)

スーパーマグ☆ジオマグ

こちらも日経キッズで紹介されていたおもちゃ。割とマイナーなものなので、なんだか記事を見つけて嬉しかった♪こちらもボーネルンドで買いました☆
Supermag Plastwood社のものです。(イタリアの会社かな?)
a0005394_1102761.jpg


パチンコ玉みたいなボールと磁石の棒を組み合わせて立体を作るおもちゃです。うちは最初60ピースくらいを買って、足りなくて、宇宙船を作れるセットを買い足しました。(宇宙船の方は取っ手がついたケースがついています)
SN極が体験的に分かったり、立体の構造が学べるかな?と思っている玩具です。HP等に載っている大きいものを作ろうとするとかなりのピースが必要かな。はまったら買い足すかもです。とりあえず今はこれで楽しんでいるりっくん。週に1回くらい登場しています。

ちなみに、うちではPIKY(フランスのおもちゃ)についているマグネットがつくボードと一緒に使っておうち等を作っています。また、くるくる回る駒なんかも作れちゃうのが面白いです。

作るのが好きな子におすすめです♪

Plast wood社のHP

こちらも似た商品☆
ジオマグ マルチカラー 132
確かスーパーマグの旧タイプと聞いたことがあります。詳しくは調べてみてくださいね。
by mkrose | 2010-04-24 01:41 | おもちゃ | Comments(6)
うちには割とたくさんおもちゃがある。私が買うのがすごく好き、というのもあるけど、一緒に楽しめるかな~とか教育的にいいかな~と思うとすぐに買っちゃうからだ。
だからか、りっくんはあまり物欲がない。お店で「買って~!」とごねられた経験がほとんどない。ちょっと問題な感じもするが。

さて、先日、日経キッズのバックナンバーをブックオフで見ていたら、紹介されているおもちゃがおうちにあってうれしくなった♪

それが、こちら☆クーゲルバーン☆
a0005394_023152.jpg

(こちらは小さいセット。大きいのは3倍くらい入っていてパーツも違います)

a0005394_0331291.jpg

(こちらが合わせたセット)
4歳前に作ったもの。入口が2か所あって、右に行く道と手前に行く道の二つを作っています。最近(4歳2か月)はもう少し複雑で高さがあるのがお気に入りの模様。

我が家では、積み木第2弾として買ったクーゲルバーン。いろいろなところから似たような穴あき積み木が出ているけど、ドイツのカデン親子が手作りで作っているというクーゲルバーンをボーネルンドで選んでみた。
木の質感も滑らかさもかなり良い。玉が流れていくのを見ると結構癒される。

これは、道を作るときに上下や左右に組み合わせてトンネル状にも出来るのが特徴で(もちろん組み合わせなければ半円の道ができる)、高低差を出したり隠し道を作ったりもできる。

うちでは、2歳11カ月のクリスマスと3歳の誕生日に大小1セットずつ買ってみた。大中小と3つ違ったセットが売っているが、入っているパーツがそれぞれ違って悩ましいこのシリーズ。もし、1セットだけ買うなら、チャイムが鳴るパーツが入っている中ってのもありかな。大だけだと、正方形のパーツが少ないので最初は難しいかな。3歳くらいだと小が簡単に作れておすすめ。

大と小で内容的には、十分な数だったかな。3歳で小のセット、4歳で大きいセットを買い足すのもあり。
6cm基尺なのが残念だが(手持ちの積み木は4cm基尺だから)、うまく組み合わせて大作を作っている。4歳になった最近、これが大活躍。
a0005394_1752025.jpg

3歳では、平らな道を作り、今では2つの道が見えないところで立体交差したりする、かなり複雑なものまで作っている。

これからもたくさん遊んでくれるといいな♪

↓ボーネルンドの商品紹介のページです。

ドッペル クーゲルバーン大

クーゲルバーン 小

クーゲルバーン 中(チャイム)
→うちにはないけど、これには音が出るパーツが入っているのであってもいいかも♪

クーゲルバーン ブロック&ソーサー
大きなソーサーがついたセット。このセット、HPで見つけたんだけどお店では話にも出てきませんでした。なんででしょう?今度、行ったら見せてもらおうっと♪

追記/

このクーゲルバーンは、結構、マイナーなものな気がします。(ボーネルンドの中でもあまり押してない商品な感じです)
ただ、手作り&木の質が結構、良いです。
あと、組み合わせ方が他のクーゲルバーンにはない感じで、積み木の中を繰りぬいたパーツがあるわけではなく、半円状や4分の1の積み木になっています。上下に同じパーツをつけると坂道が、左右につけるとカーブの道ができたりして面白いです。その分、難易度もあがるとのお店のスタッフの説明でした。

道を作るのもそうですが、プラレール等と違い動力が玉の落下&最初の押し出しだけなので、最後のゴールまで考えないと、途中で止まったり、飛び出したりします。その高さを考えて組んでいくのも面白いようです。

プラレール、木製レールよりもやっぱり難易度はあがりますね♪
by mkrose | 2010-04-23 00:36 | おもちゃ | Comments(21)

かずの理解 4歳2カ月

りっくんの数の理解を書いてみようかな。

算数に関しては公文のドリルのようなワークはやったこといがないりっくん。あいかわらず、数字が書けないからです。ここ1カ月くらいお絵描きの延長で書けるようにはなってきましたが、まだまだ発展途上。
なので、数字だけを見て計算はさせたことがありません。

足し算、1歳代から5未満の数に関しては、一緒に見せながらやっていたかな。「2こラムネあげるね~、もう一個あげようか?あ、何個になるかな?」なんて感じで。

最近は、私とりっくんのドライブではこんな問題を出しっこしてます。
「りっくんが自転車に乗って、パパがタイヤが4つついてる自動車に乗って、こうくんが三輪車に乗って、ママも自転車にのってます。あ、りっくんが乗れなかったので、補助輪をつけました。タイヤは全部でいくつかな?」と。
小学生に今年あがった友人の子に紹介したところ、そんな難しいのできるの!?と褒めて頂きました♪慣れはあると思いますが。
そして、発展として、アメリカの算数式で、
「自転車と三輪車があります。タイヤは7つです。何台ずつかな?」なんてのも、出しています。数を増やしていくと答えが何通りもあったりするので面白いです。

足し算は、一ケタ足す一ケタくらいが出来る範囲のようです。あとは、5を足し続けるとか、10円が6個、1万に1を足すと1万1等、特殊な計算は出来ます。

引き算は、生活の範囲の数はできそうです。どれくらいできるのか試したことはありませんが、お菓子で出てくる15個くらいの数はできそうです。

割り算は、もちろん割り算なんて言葉は知りませんが、20個を4人で分けるくらいの数は出来ます。イチゴの範囲ですね。割り算は間違えると食べる量が減るので必死なりっくんです。

掛け算も10×4くらいはできる感じ。(弟が産まれて4の必要性が出てきたから)
今日、「まま、チョコ5個食べたいんだけど~りっくんも同じだけ食べたい?」「何個もってくればいいかな?」「あ、こうくんもパパも食べたいって、何個かな?」なんて、話をしていました。

今日話してたのはこんな話→

「お友達が10人いました。ジュースが10個、ストローが8本あります。何がどれくらい足りないですか?」
りっくん058.gifストローが2本足りないよぉ~

「ストローは1本10円です。ママは買いに行こうと思います。いくら持って行ったらいいかな?」
りっくん058.gif20円だよぉ~

「あ、でも100円玉しかありません。お釣りもらえるかな?いくらかな?」
りっくん058.gifきっと、もらえるよ!(面倒くさくなったらしい。笑)

私の中では、「2本買って来てので、8本のストローが何本になったかな?」
で、四則計算終了、となるはずだったのにね。。。


生活に即した数って、すごく大切だと思う今日この頃。
生活していく上では、おやつを分けたりするのに必要な30くらいまでの数の四則計算と、時計(60進法、単位も学べる)、そしてお金の計算(大きい数を学ぶ)が初歩の数としてはすごく大切なんじゃないかな、と思っています。

次は、お買い物ごっこでお金にじっくり親しもうかな☆

ところで、このくらいの理解って普通なのかな?それとも微妙?幼児の理解って、いまいち指標がなくって分かりにくいわぁ。ま、良くても悪くても我が子だから仕方ないのだけどね。
by mkrose | 2010-04-21 22:55 | 幼児教育/知育 | Comments(2)
4歳になったころから時計に興味を持ち始めたりっくん。
しまじろうの「なんじくん」という時計のおもちゃ(年中冬号くらい)もその興味を刺激したようです。

ベネッセのワークにもタイムリーに時計の問題があり、~時、~時半をすんなり覚えた。

そして、ひと月くらい経ったある日。
「まま~、4のところに(長い針が)いったら、20ふんだよねぇ~」と。
なんで???と聞いてみると、「寝るときにねぇ、数えたの!」だって。
なんでも、5ずつ足していったらしい。その後、毎回5ずつ足してくれるりっくん。そのうち暗記してすんなり15分とか45分とか出てくるのかな。

ちなみに、こういった自主練習(?)もどきがはやっている彼。カタカナもここ2カ月くらいでほぼ全部読めるようになっていた。トイレに貼ったポスターのおかげ。トイレに入るたび、じ~っくり練習しているみたいで、大きな声が聞こえてきます。そして、食事中だろうがなんだろうがなかなか出てこない。。。

別の日、「1分は60秒だよねぇ~、2分は120秒でしょ!」なんて言うりっく。これまた地道に足したらしい。3分は?と聞くと、「160秒?」と不安げ。「ふふ、まだまだだなぁ~!今度考えたら教えてね」、なんて、言っておきました。5分は何秒か聞いて?と言うので聞くと、「300秒!」と。「へへぇ~、ぱぱにおせえーてもらったんだよぉ」と。^^

ちなみに、「1時間は60分だよね」なんても言ってる。これも足し算を地道にして理解した様子。

今日、確認したところ、5時から5分進んだら?何時何分?にも、5時20分から10分進んだら?にも何も見ずに正しく答えていた。
5時の5分前は?には、時計見てもいい?と確認してから、じーっとにらめっこして、5時55分!と。おしいっ!!!って、まだまだでかわいいなぁ~。今度、考えたら教えてくれるみたいです☆

そうそう、時計は、2歳になりたてのころ公文の掛け時計を買って、小さく1分ごとの数が書いてあるので分も読めるかな?と思いきや、数が読めないので(いまだに数字は、30くらいまでしか読めないんじゃないかな?)、今に至るまでその時計では読んだことがありません。
興味も持ってから、ずっとうちに飾ってあった福音館、まついのりこさんの「とけいのほん①、②」を読んでから、5分ごとに数字が書いてあると理解したようです。その後は何も教えていないので、この絵本はなかなかいいかも、おすすめです。

4歳2カ月の現在、5分単位の時計の読みは(時間はかかるけど)ばっちりかな。

☆うちで役に立った時計関連のおもちゃ&絵本を☆
ワークじゃなくてもこの3点で時計はばっちりだと思います☆参考にしてくださいね♪

1、掛け時計(幼児にも数字がはっきりと見やすいもの)
・・・ネットで買うと安く買えるのよね~、デパートで買ってきた我が家。う~ん、価格を見たくないなぁ。うちは、ブルーを持っています。子供部屋用に早めに用意して大正解でした☆

スタディクロック ブルー
くもん出版 (2005-11-25)
売り上げランキング: 1006


スタディクロック ホワイト
くもん出版 (2005-11-25)
売り上げランキング: 1187


2、分かりやすい時計の絵本
・・・この2冊は時計の理解のためだけじゃなくて、絵本としてもよくできています。、「とおせんぼ とおせんぼ いま なんじかおしえてくれたら とおしてあげる~」なんて繰り返しのフレーズがとってもかわいい☆
1は時計の兄弟と冒険しながら、~時、~時半を学び、2は分単位まで学べます。0歳代から1は楽しんできました。

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

とけいのほん2 (幼児絵本シリーズ)


3、自分で動かせて遊べる時計おもちゃ
・・・幼児ですもの、やっぱり手を使うと吸収が早いっ!
・・・うちはベネッセの年中さんの2月号だったかの教材”なんじくん”を持っていました。くもんや学研からも同じようなものがでています。ちなみに、ベネッセのはDVDつきでかなり工夫されています。ただ、年少さんできても良いよね。(うちは、一学年先取ったので持っています。)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

NEW くるくるレッスン

はなまるくん くるくるとけい






ランキングに参加中です。よかったら、クリックして応援してくださいね☆↓
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

by mkrose | 2010-04-21 22:13 | 幼児教育/知育 | Comments(2)
アメリカでウィリアムズバーグという開拓時代の街を再現しているところに旅行したことがあります。日本で言う日光江戸村みたいなイメージで当時の衣装を着た人たちが当時の様子を再現してくれています。ただテーマパークという感じはなく、サービス精神がまったくない人たちなのが面白いですが。話しかけても逃げていきます。

a0005394_22193696.jpg


旅行帰りに寄ったアンティー市で買ったもの。
シュガーポットはハーシーズのチョコを入れるのに使ってた。そして、おそろいのミルクピッチャー。

なんと、先日、自由が丘に行ったときに同じものがセットで5000円ちょいで売っていた。

コレクタブル(作って100年未満の商品)だとは思って、買ったんだけど、ちゃんとしたメーカーのものだとは思わなかった♪

なんだかすっごく目聞きになった気分~☆

アンカーホッキングの商品でした☆
by mkrose | 2010-04-21 00:23 | インテリア、キッチン雑貨 | Comments(0)