幼児教育と中学校受験と旅行と趣味の日記ブログ(2004年より)。2003年~ワシントンDC、2005年~東京。りっくん(2006年1月)とこーちゃん(2009年8月)のママです。多趣味。おもちゃ好きでたくさんのレポ書いています♪


by mkrose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
a0005394_7314.jpg

銀をとじこめたガラスの指輪♪


春のピンクと一緒にお出かけしたいリングを作りました。
このガラスビーズは中に銀が入っていてキラキラ光ってきれい。
本物の銀なので、ちょっとお値段お高め。
写真では見えませんが、グリーンとピンクベージュのガラスです☆
(写真のコラージュがポイント?)

# by mkrose | 2004-03-17 07:04 | ビーズ | Trackback | Comments(0)
a0005394_75912.jpg
シトリンの指輪♪


引き続き、リビングルームが
ビーズ工房と化しております。

ゆっくりバスタイムを楽しんだ後に製作。
シトリンをたっくさん針金に通した後に、
形を整え、その後、スワロフスキーと
ペリドットで色味をプラス。
キャンディのようで美味しそう♪
今年の春のお洋服に合うリングに仕上げました。
手持ちのスワロフスキーの色が不足中で、
色に納得がいかなかったんで、また挑戦しようと思います。
「こだわりがあるから、お金がかかっちゃうわ♪」なぁんて、
だんな様の前で聞こえるように、つぶやいてみたり☆

# by mkrose | 2004-03-17 04:01 | ビーズ | Trackback | Comments(2)

初挑戦!ミミガー

a0005394_19038.jpgミミガー美味しいっ♪昨日の夕食はミミガーに初挑戦。そして、お友達夫婦を招いての試食&飲み会になりました。

この辺では、中国系のマーケットがとっても充実してて、普通に中華街に行かなきゃ買えない様な材料が手に入ります。(もしかしたら、日本でも簡単に手に入るのかもなのですが。
日本で主婦やったことがなく分かりません。。。)この豚の耳も普通に売ってます。なので今回は耳に挑戦!というわけ。味の方ですが、売ってるときの見かけはともかく、これがなかなかで、ビールがすすむすすむ、ってな感じでした。今度の中華パーティでもっと研究して、出そうと思います♪(写真の中華バシは前回の「中華の夕べ」の時に買ったものです。)

*注/作ったのはだんな様です。

そのうち、「ちゃんと料理作ってるの???(怒)」という、母からの電話がかかってきそうで怖いです。笑。

# by mkrose | 2004-03-16 19:01 | グルメ | Trackback | Comments(1)
a0005394_62630.jpg

      キャッツアイのビーズの指輪 第2弾♪


リビングルームがビーズ工房と化しております。
今日は、前日のダークグリーンの色違いで製作。
このデザインはすごく気に入ったので、他に渋めの色違いのキャッツアイや、
ステキなガラス等で何個か作ってみようと思います。
このビーズワークは、なかなか色の組み合わせ、立体の想像が難しいので、
何個か作ってやっと思いのものが出来たりします。
そんな過程がとっても楽しいです。

そうそう気づいたこと。
当たり前なんですが、太陽光のもとで写真を撮ると色がすごくきれいです。
色の変換ソフトが昨日うまく機能しなかったため、試してみたのですが、大成功♪
うれしい☆

# by mkrose | 2004-03-16 06:27 | ビーズ | Trackback | Comments(0)

新たな趣味発見か!?


ガラス細工のバーナーセット発見♪


ネットで検索をしていたら、ガラスのビーズや動物が自分で作れるセットがありました。
ガラス棒を火に当てながら、ひっぱったりして形を作っているアレが
家庭でできるというものです。
そのセット、簡易バーナーやガラス棒、薬品、金属の棒等々が入ったものなの。
前々から、ガラスの細工には興味があったんだけど、
なかなか機会がなくてやらずじまい。
もう目がキラキラしちゃいました。
自宅が工房になるっ!ってな感じです。

そのセット、日本の物だったので、今度はアメリカのを探してみようと思います。
ほんと、おもしろそうなもの見つけちゃって得した気分でウキウキ♪

そんな私を横目に「またすぐ飽きるんちゃうん?」って言うだんな様の言葉。
ぎくっっ、としたのは何故だろう・・・。

# by mkrose | 2004-03-15 18:23 | その他手作り | Trackback | Comments(0)